Vintage Faceプリアンプ:「 MONOSASHI 」と組み合わせて動作する専用フルディスクリートイコライザー。ピッキングコントロールに対する反応・変化の幅をできるだけ失わずに音色調整をしたいプレイヤーへ。

優れた応答性と十分な情報量の出音を可能とするシステムを見つけることができた時、私達は基本的にはイコライザーは必須ではなく、不要な場合が多いと考えています。
それは世間一般的に言う普及したシステムを利用したシチュエーションでの「EQつまみフラット・ノーエフェクト・アンプ直の状態」とはまるで異なります。

情報量が多い分、基本的にはイコライザーは不要でも、そこまでの情報量を想定していないシステムと組み合わせて使用する使い方ではやはり調整できることのメリットは多いでしょう。

・通過させても「持っている楽器の鳴り」を引き出すヘッドアンプとしての優秀さを損なわないこと。

・機材を通して無造作に音が変わる、変わらないの視点ではなく「弾き方で音を変える」際の「可変幅」をなるべく縮めないを実現したイコライザーであること。

・「必要のない際はオフにする存在」を超えて、せっかく繋ぐのであればMONOSASHIを補完する役割も担い、さらに弾き手や楽器の面白みを引き出すこと。
試行錯誤した結果、M-EQが誕生しました!

※単体では動作しません。親機としてVintage Faceプリアンプが必要です。

●イコライザー
Bass・Trebleのブースト型イコライザー。
スタック仕様になっている。
古くから用いられているEQ回路を基本にMONOSASHIの増幅法を用いて改良し、音の立ち上がりが良くパッシブ楽器に相性ぴったりの効果を発揮する。

●Palette
Vintage Faceオリジナルトーン回路。
スタック仕様になっている。
操作性がパラメトリックイコライザーに似ているがレスポンスを失わないことやその効果等色々な面で異なる。ある音域とある音域が滲むように自然に混じりあいながら有機的なカーブを見せることから、複数の絵の具を混ぜて微妙な色合いを作りだすことを連想しパレットと名がついた。
主にミドル域を中心に幅広い効果を発揮するが、次に接続するアンプとのセッティングの組み合わせでまるでアンプ自体のカラーが変わるような役割も果たす。

●LOW END CONTROL
低音の量感を調整することができるトーン回路。現場にある大型のキャビネット等で音が回ると感じる時などに有効である。

●Switch連動機能
持っている楽器のまだ見ぬ側面を引き出す超小型アンプ「Switch」を動作させるための回路を搭載しており、通常のインプットと切り替えて使用することが可能。
「Switch」を経由して使用すると、さきほどまで操作していたイコライジングが不要になったり、効果がより如実になったりと、状況が変わってくる。

●電源供給専用の仕様
MONOSASHIをはじめとするVintage Faceプリアンプと接続、電源供給して動作する。
ディスクリート回路での複雑化した構成により単体プリアンプよりも高級モデルになるところを電源供給仕様に専念することでコストダウンとコンパクト化に成功、また専用アダプターを必要としないためトータルでの荷物軽量にも貢献する。
(※ACアダプター等を使用しての単体動作はしません)

※コチラの商品は受注生産品です。受注生産品はご注文確定後にメーカーにて生産が開始されますので、約1ヶ月前後の納期を要します。なお、受注生産品は先にお支払いを頂く運びとなります為、代金引換はご利用できませんのであらかじめご了承下さい。

MONOSASHI" for Equalizer discrete "1ch M-EQ 《ヴィンテージ・フェイス》 Face Vintage-アンプ


MONOSASHI" for Equalizer discrete "1ch M-EQ 《ヴィンテージ・フェイス》 Face Vintage-アンプ

B♭クラリネット マウスピースバンドレンB40 プロファイル